生成り生地について

生成り生地について

生成り生地は地色がクリーム色の生地です。

こちらは染めているのではなく生地本来の色ということが特徴になります。

通常私たちがよく見る真っ白な天然素材生地は製作の過程で漂白した生地です。

生成りの生地は製作の際に漂白せずに仕上げた生地になります。

なので生地本来に使用している素材の色になったり

素材の細かい屑等が表面に残り黒い小さな点が出てきたりします。

素材そのままが持つ素朴な風合いが特徴です

 

 

《例:綿スラブ》   【白生地・生成り生地】

 

 

→ 生成り生地一覧 

・定番綿(生成り)

・11号帆布(生成り)

・スラブクロス(生成り)

・モーリークロス(生成り)

・綿スラブ(生成り)

・定番外色麻(オフ白)

・キビラ麻

 

 

関連記事

  1. 手描き素材データについて 京都のれん株式会社

  2. エステルスラブ生地アップ

    エステルスラブ

  3. スラブクロス

  4. ブッチャースラブ(白・生成り) のれん用生地

  5. のれんの歴史

  6. 「祇園」か「ネ氏園」どちらが正しい?

最近の記事

  1. 「サスティナブル帆布のれん」がPETボトルリサイクル推進協議会様の広報誌に掲載さ…
  2. 暖簾屋がモリサワフォント?を使う?
  3. ブッチャースラブ(白・生成り) のれん用生地
  4. スエード(ポリエステル100%)
  5. 環境配慮したペットボトル再生繊維でのれん製作しませんか?

よくある質問記事まとめ

  1. のれんの歴史

    2018.02.19

豆知識&用語一覧