シルクスクリーンの暖簾について

当社のシルクスクリーン暖簾は、型を使用し顔料を用いて製作する技法です。

弊社では一部と全面の2種類のシルクスクリーン技法を使用しております。
下記に違いを記載しております。

【一部シルクスクリーン暖簾】

データ化したデザインを写真製版で型を作り無地のれんに顔料プリントする技法です。
弊社の天然素材で製作する技法の中では、一番表現の精度が高い技法になります。
型のサイズは、枠が決まっている為基本A4サイズ程度となります。
こちらは右の写真のように無地染めのれんの生地色を活かした表現が可能です。

一部シルクスクリーンのれん製作事例

→詳しくはこちら

 

【全面シルクスクリーン暖簾】

職人の手によって1カットづつカッターで切り、型を製作し、のれんに顔料プリントします。
手作業の為細かい表現は一部シルクスクリーンの方が精度が高いですが、枠が無い為のれんへの全面プリントが可能です。

白や生成り生地よりプリントします。
※当社定番綿は対応しておりません。

全面シルクスクリーンのれん製作事例

詳しくはこちら

 

技法一覧にもどる

ご来社予約はこちら
既製品のれんのショッピング
オリジナルのれんの見積り依頼
生地見本取り寄せはこちら

最近の記事

  1. 屋外広告物の規定
  2. 色相環

インフォメーション

京都のれん株式会社

〒604-8235
京都府京都市中京区錦堀川町659
京都松田ビル4F南
※ビルの入り口は堀川通り側にございます。[アクセス詳細]

京都のれんインフォメーション
豆知識&用語一覧