のれんのサイズ

大きさで変わる呼び名

“のれん”と一言でいいますが、実はいくつかの呼び方があるのです。
のれんはサイズによって、名前が変わります。

たとえば。
標準的とされているのれんの長さは約113cm
弊社が定番サイズとしている150cmは「長のれん」といいます。
戸口にかけて、目隠しや日よけを目的とするための長さです。

これに対して、長さが約40cmの短いのれん。
居酒屋さんやお店の軒先で見ることができます。
間口いっぱいに掛けられたこの短いのれんは「水引のれん」といいます。

また、長さが57cm。標準の約半分程度の長さののれんは「半のれん」。
店内の様子や商品を見やすくするために、この長さが生まれたと言われています。

「日よけのれん」は切れ目を入れず、一枚の大きな布を屋根から地面へと固定したもの。
その存在感から、今でも看板代わりにと、ご注文をたくさん頂戴しています。
日よけのれんは、風を受けて大きな音がしたことから、太鼓暖簾とも呼ばれています。
さらにもう一つ。
商売用に使うのれんのひだの数は奇数がよいとされていました。

3、5、7の奇数が多いそうです。
奇数はおめでたい数字とされています。
奇数とは「割り切れない」つまり、「余りがでる」ということ。
“商売にも余裕がでる”と言われています。

関連記事

  1. のれん分け

  2. 2019年京都市広告景観づくり補助金交付制度について

  3. のれんの歴史

豆知識&用語一覧