エステルポプリン

エステルポプリン(ポリエステル100%/インクジェットプリント対応)

エステルハンプよりも薄手で織り目が細かく、
手触りは綿の十番天竺という素材に似ており
エステルハンプ同様、綿とほとんど変わらない
上品な質感の素材です。また天竺より密度が濃く
透け感が少ないのが特徴です。

同様にエステル天竺という素材があり、エステル天竺は、天竺に近い素材

ポプリンは十番天竺(天竺より少し分厚い)に近い素材となります。 ※当社通常天竺は十番天竺を使っておりますので、  当社の天竺といえばポプリンの方が近いと思います。

柔らかい生地にはなりますので
丈夫さもあり使い勝手が良く、のれんによくお使いいただいております。

 

綿のような風合いを活かして
デザインにこだわりたい方におすすめです。

エステルポプリン生地アップ

 

「ポプリン」ってどんな生地?シャツの素材として人気

良い生地で作られたシャツを着こなしている人を見れば、仕事ができる人、カッコイイと誰もが思うものです。
男性のおしゃれ度を測るのは、ネクタイよりシャツです。 そしてデザイン以上に生地といわれています。 シャツの素材として人気の生地は、ポプリンでしょう。

ポプリンは、シャツに使用される生地として代表的なもので、たて糸とよこ糸の太さが同じで、たて糸の密度がよこ糸の2倍となっており、よこ糸をカバーするように織られている平織りの生地をいいます。 米国のブロードクロとほとんど同じもので、英国ではこうした平織りの生地をポプリンと呼んでいるのです。 日本では米国の呼称のブロードで親しまれています。 ポプリンの基本の色は白で、糸の太さが細くなるにしたがい柔らかさが増してきます。 シルケット加工したものは絹に近い光沢と質感があります。 一般的に使用されている素材は、綿100%かポリエステルと綿の混紡のものです。 ポプリン生地で作られたシャツは、ビジネスマンのキャリアを示すものとして人気となっています。 シャツの生地にはこれ以外にもフランスのローン地方で作られたごく薄手のリネンのローンや、糸を強くよりシャリッとした肌触りをだすボイル、厚地で光沢感がありシワになりにくいオックスフォードなどもあります。 

エステルポプリンの風合 ※京都のれんスタッフ調べ

エステルポプリン風合


エステルポプリン のれん製作事例

 

染色技法 インクジェットプリント

 

 

エステルポプリン 物証データ
生地巾 糸番手縦横 打込本数 縦×横 厚み(m/m) 質量(g/㎡)
100cm 20s X  20s 92本 × 67本
引張強さ(N)
JIS L 1096A法
幅2.5cm ツカミ間隔10cm
引張伸度(%)
JIS L 1096A法
幅2.5cm ツカミ間隔10cm
引張強さ(N)
JIS L 1096
A-1法
タテ 773 ヨコ 587 タテ 38 ヨコ 24 タテ 33 ヨコ 19

関連記事

  1. エステルスラブ生地アップ

    エステルスラブ

  2. ターポリン製作サンプル

    ターポリン

  3. 変わり織定番綿取り扱い色

    定番綿

  4. ツイル生地見本画像

    ツイル

  5. トロマット文字染色

    トロマット

  6. エステル天竺透け感

    エステル天竺

最近の記事

  1. 竿上げ

おすすめの記事

  1. のれん分け

    2018.05.30

  2. のれんの歴史

    2018.02.19

豆知識&用語一覧