ターポリン

ターポリン (ポリエステル/インクジェットプリント対応)

ポリエステル素材です。非常に厚く、耐久性に優れています。横断幕、タペストリーにおすすめしています。

ターポリンとは、分かりやすく言えば防水布のことでありポリエステル繊維の織物を合成樹脂フィルムで挟み込んだ、ビニール形式の素材のことを指します。
非常に防水性に優れていることから雨風に晒されやすい屋外常設のタペストリーや看板などで、何かを宣伝したい際にターポリン加工が施されたものを置くべきだと言われているのです。

フルカラー印刷でも会社名や商品名、イベントの詳細などが見やすいままで屋外常設出来るのがターポリンのメリットであると言えるでしょう。

ターポリンはタペストリーや看板だけでなく、上り旗や横断幕、日よけ幕などにも使いやすいため飲食店が営業中にお店の前に常に置いておく上り旗にも、ターポリンの技術が取り込まれている場合が多くなっています。 飲食店の経営者などからすると、すぐに劣化する心配が無い上り旗やお店ののれんなどがターポリンの技術のおかげで手に入りやすくなっているということなので、一般層よりも恩恵を受けている割合が高いと言えるでしょう。 宣伝に使いやすいターポリン生地は通常の布地などに比べると価格が割高になってはいるものの、最近ではインターネット通販などで比較的安値で購入しやすくなっていますので、安い費用で出荷してもらうことも難しくはありません。

 

ターポリン製作サンプル

 

ターポリンの風合 ※京都のれんスタッフ調べ

ターポリン生地感アンケート


ターポリン のれん製作事例

 

染色技法 インクジェットプリント

 

 

関連記事

  1. エステルスラブ生地アップ

    エステルスラブ

  2. エステル麻生地拡大

    エステル麻

  3. 定番麻生地アップ

    定番麻

  4. 麻風スラブ生地感アップ

    麻風スラブ

  5. 十番天竺染め抜き地色あり

    十番天竺

  6. 竿上げ

最近の記事

  1. 竿上げ

おすすめの記事

  1. のれん分け

    2018.05.30

  2. のれんの歴史

    2018.02.19

豆知識&用語一覧