防炎加工・防炎のれんの製作について

のれんの防炎については基本屋内について義務付けられている場合がほとんどです。

昨今屋根等雨がからない屋外等にも必要な施設が増えております。※詳しくは各施設管理者や組合様にご確認ください。

京都のれんでは防炎のれんの製作として、3種類ご用意致しました

お客様の希望のイメージ、用途からもご提案させて頂けますので、ご相談下さいませ。

のれんの後防炎加工について

洗濯できる防炎オリジナルのれん

洗濯できる防炎無地のれん

昨今の防炎加工されたのれんの必要性について

消防法の規制により、屋内全般、展示会場、商業施設、ガソリンスタンド、宿泊施設、病院、楽屋などの人が多く集まる場所

などでは防炎性能を持つ物品の使用が義務付けられています。

また、それらの防炎物品には、「防炎」の表示を付けなければなりません。当社での取り扱いは具体的には下記の2種類となります。

防炎物品ラベル 防炎製品ラベル

のれん(2連 3連 4連 5連 6連 7連~etc)

幕 のぼり旗 
タペストリー (日よけのれん)
不特定多数の方が出入りして手に触れるもの
※あくまでわかりやすく書いておりますので詳しくは日本防炎協会様へお問合せください。
不特定多数の方が出入りするが一般論で手に触れないもの
※あくまでわかりやすく書いておりますので詳しくは日本防炎協会様へお問合せください。

 

防炎表示者登録 消防庁登録者番号 AEー26-1261 京都のれん株式会社

日本防炎協会の防炎(イ)ラベル(布製)

 2020年1月16日 消防庁登録者番号E-26-43997 より → 消防庁登録者番号 AEー26-1261 に変更となりました。
現在のラベルあまり分がある為、一部混在いたします。

 

ご来社予約はこちら

最近の記事

  1. 環境にやさしいペットボトル再生繊維ののれん作りませんか?

インフォメーション

京都のれん株式会社

〒604-8235
京都府京都市中京区錦堀川町659
京都松田ビル4F南
※ビルの入り口は堀川通り側にございます。[アクセス詳細]

京都のれんインフォメーション
豆知識&用語一覧