蝋引き防水加工生地による両面刺繍のれんの製作

10号帆布蝋引き防水加工生地×両面刺繍のれん

今回弊社では、両面刺繍の技術と蝋引き防水10号帆布生地をかけ合わせて
両面刺繍のれんを製作致しました。

蝋引き防水加工について

「富士金梅®」は川島商事株式会社が登録商標を持つ最高級帆布生地ブランドです。

富士金梅®は日本製帆布ブランドの雄として、1948年会社設立以来「JAPAN MADE」にこだわりながら伝統を守り安定した素材と品質を提供してきました。 現在では長年綿帆布で培ったJAPANクオリティーを大切にしながら、日本国内のみならず世界中より厳選した素材を集め、素材の枠を超えたテキスタイルを『Made by 富士金梅®』として生産しております。 富士金梅®は自然との絆を大事にこれからも皆様に喜ばれるテキスタイルを提供して参ります。 ※公式 ホームページより

その歴史は1948年から始まっており、長年の間で培われたクオリティーの高さは
世界からも評価されるほどのものです。

富士金梅のロゴ

帆布生地は元々丈夫なことが特長として挙げられますが
川島商事株式会社の富士金梅®はパラフィン(蝋引き)という加工を施すことにより
更なる強度に加えて防水機能も希望をすれば付帯することができます。
※但しだんだんと防水性能は失われます。

 

 防水機能

多くはバッグやエプロンに使われるこの富士金梅®パラフィン10号帆布生地を、
弊社では両面刺繍を施したのれんとして使わせていただきました。

蝋燭やクレヨンの原料などにも使われる素材のこのパラフィンを
生地に染み込ませて加工することで、芯のある張り感が生まれます。※写真参照

お客様によってはこういった張りのある硬い生地をお望みの方もいらっしゃるので
そういた方にお勧めな生地です。

温めると液体となり常温では固体となるこのパラフィンの性質を活かし、
常にしっかりとした印象を保つことが可能となります。

 

この張りのあるパラフィンの風合いは、使い込むことで擦れたり折れたりした部分に
チョークマークと呼ばれる白っぽい跡が付きます。

これがパラフィン最大の特徴であり、パラフィンらしさでもあると言われています。
またパラフィンそのものも色が徐々に変化するため、時間をかけ使い込むことで
徐々に風合いが変化していき、馴染んでいく様子を楽しむことができます。

また通常の生地よりも耐光に強いというのも特徴となります。

経年劣化を楽しむ風合いとなります。だんだん防水が失われるとはいえ、当社の撥水よりも強く、
また天然繊維であることながら一度は暖簾に仕上げたいとは思っていたのですが、後からプリントも
染色もできない生地であったので、断念しておりました。

そこで考えたのが刺繍でロゴマーク等を表現する方法です。

両面刺繍の美しさ

今回弊社は、シンプルかつインパクトのある富士山のデザインと
社名の「京都のれん」の文字を入れた二種類で製作してみました。

【表面】

刺繍のれん

【裏面】

 

刺繍のれんについて

 

刺繍部分は立体的であるため、所々に細かい陰ができることでその味が表現されています。
金や銀の糸も使用可能なため、遠くから見てもインクを染み込ませたのれんとは違う何かを
感じ取ることができ、気になって近づいた時にはその刺繍の美しさに魅了されているのではないでしょうか。
※ただし当社が使うミシンではチチ仕立てができず、棒袋は袋縫いのみの対応となります。

また京都のれんの両面刺繍はその名の通り、裏面から見ても綺麗に刺繍が仕上げられています。
刺繍というと、表面は綺麗でも裏面から見ると縫い目の粗さが見えたり、白糸の仕上げとなり、
染め抜いた風合いでなく、のれんではガッカリする印象があるかもしれませんが、
この両面刺繍のれんはそういった懸念を職人との試行錯誤により払拭することに成功しました。

 

もちろん単色だけではなく、カラフルなデザインを表現することや
染色されたデザインの上にポイントで刺繍を施すことも可能です。

デザインやアイデア次第で、この両面刺繍は幅広く活躍することができます。
高級で良質な生地と、職人の洗練された技術によって施された刺繍がかけ合わされて
できたこの暖簾は正に芸術品と呼ぶにふさわしく、日本ならではの古くからの
伝統を感じられる一品となっています。

ご来社予約はこちら
既製品のれんのショッピング
オリジナルのれんの見積り依頼
生地見本取り寄せはこちら

最近の記事

  1. 綿シャンタン素材
    綿シャンタン

    2023.08.10

  2. 綿オックス
    綿オックス

    2023.08.09

インフォメーション

京都のれん株式会社

〒604-8235
京都府京都市中京区錦堀川町659
京都松田ビル4F南
※ビルの入り口は堀川通り側にございます。[アクセス詳細]

京都のれんインフォメーション
豆知識&用語一覧