• UPDATE

業界初!両面刺繍を施した 立体感のあるのれんのオーダー受付開始しました。

 

京都のれん株式会社では、2023年6月29日より 横ぶりミシンをつかった両面刺繍のれんのオーダー受付販売を開始いたします。

刺繍は非常に高級感があり、立体的でありながら、裏面から見るとデザインが綺麗に見えないという課題がありました。

そこで京都の帯や着物に刺繍を施している職人の方と協力し、試行錯誤を重ねた結果、両面刺繍を実現しました。

これは業界初の取り組みです。

従来より暖簾は、商店や飲食店などの入口に掛けられる看板であり、お店の顔として、店名や創業開始年、企業ロゴなどが染められています。

本染めで仕立てられたのれんは、表の図案が綺麗に反転し裏からも見え、ブランディングの一つとなっております。

両面刺繍のれんは、表面の刺繍が非常に立体的で美しいだけでなく、裏から見ても綺麗に見える特徴があります。
お店から出られるときに裏から暖簾をみても図案が綺麗に見える為、ブランディングの一環として素晴らしい効果を発揮します。

刺繍は、裏をみると糸ブレ等がよくわかると言われ、両面同じ糸で刺繍するのは通常の下糸を使うよりも熟練度が必要となります。

昨今主流のコンピュータミシンでは、人の手を介さずにデータ通りの全く同じ刺繍ができます。しかし、横ぶりミシンでは、職人の手と足の感覚を頼りに、繊細な表現を実現しています。同じ柄を再現しようとしても、全く同じものは作り出せません。それゆえ、横ぶりミシンで作られた刺繍は、唯一無二の作品となります。

当社の刺繍は、職人が一枚一枚染料や力加減を調整しながら刷毛で染める本染めと同じように、共感できる独自の魅力を持っています。

横ぶりミシンの刺繍は、職人の技術と感性が結晶化された独自の美しさと存在感を放っています。


現在そんな素晴らしい技術でも販売先や提供先が限られているため、今回私たちは一緒に試行錯誤を繰り返し、共創し、この度、両面刺繍のれんを作り上げました。

実際ののれんを見て頂ければその技術の素晴らしさをご理解いただけると思います。
 

 

「両面刺繍暖簾」のロゴや文字や模様は、従来の染色では表現できなかった高級感や独自性を演出し、糸の立体感や光沢感によって、見る人に強い印象を与えます。

また通常呉服などでは刺繍糸は絹糸を使うところを、洗濯でき 耐久性が高く、汚れにくく、長期間使用することができる人絹(レーヨン)糸を使っています。

両面刺繍暖簾の製作は、本染めと同じように職人技を要する技法で、一つひとつ丁寧に作り上げられます。

 

 

【今後の展望】

 

現状の技術では難しいナイロン糸の金糸や銀糸に関しても、両面刺繍が可能となる技術の開発に取り組んでいます。

 

これからも京都のれん株式会社は、伝統と技術を重んじながら、お客様に魅力的な製品を提供してまいります。

サービス紹介ページはこちらより

関連記事

  1. 金 刺繍 両面

    金と銀の両面刺繍について

  2. 竿上げ

  3. 素材テクスチャデータについて

  4. 手描き素材データについて 京都のれん株式会社

  5. エステルスラブ蛍光のれん

    オリジナルのれん 蛍光色で作る

  6. サスティナブル帆布広報誌掲載

    「サスティナブル帆布のれん」がPETボトルリサイクル推進協議…

ご来社予約はこちら
既製品のれんのショッピング
オリジナルのれんの見積り依頼
生地見本取り寄せはこちら

よく読まれている記事

最近の記事

  1. A4サンプル色見本について
  2. 屋外広告物設置にはルールがあります
  3. マンセル値について
  4. のれん仕様の注意点
  5. 綿シャンタン

よくある質問記事まとめ

  1. のれんの歴史

    2018.02.19

カテゴリー

豆知識&用語一覧