綿スラブ

綿スラブ(綿100%/無地・シルクスクリーン・染め抜き対応)

スラブ生地は、太さ、形、長さなど不規則なスラブ糸を編んで織ることで、

表面に凹凸ができるのが特徴です。

また、綿生地よりも柔らかい素材になります。

ポリエステル素材の光沢感はございませんが、

ナチュラルな風合いをお考えの方におすすめです。

似せて作ったポリエステルスラブはこちら。

《お取り扱い》

*生地色は、白色・生成りの2種類。

*生地の厚さ、織りの風合い等、多種ご用意しておりますのでお問い合わせください。

 

《綿スラブ(白生地)》   【生地感・透け感】

綿スラブ白1

綿スラブ白2

綿スラブ白3

 

 

 

 

 

《綿スラブ(生成り地)》   【生地感・透け感】

綿スラブ生成り1綿スラブ生成り2綿スラブ生成り3

 

 

 

 

 

綿スラブ生地製作事例

 

染色技法 無地

染色技法 シルクスクリーン

染色技法  染め抜き

 

 

 

 

 

 

綿スラブ 物証データ
生地巾 糸番手縦横 打込本数 縦×横 組織
92 cm 10/2 × 10SL(薄手) 白
10/2 × 5SL 生成 白
16 × 16 +16SL 白 生成り

36 × 26
38 × 24
39 × 35
平織

 

関連記事

  1. 麻風スラブ

    天然素材透け感があるのれんを作りたい

  2. 防炎ツイル(イ)マーク対応防炎無地染めのれん生地)

  3. モーリークロス

  4. エステルポプリン生地アップ

    エステルポプリン

  5. エステル天竺透け感

    エステル天竺

  6. 綿帆布染め抜き生地アップ

    11号綿帆布

最近の記事

  1. どんなのれんが作りたいか?は早く考えるべき。
  2. 素材テクスチャデータについて
  3. 手描き素材データについて 京都のれん株式会社
  4. 天然素材透け感があるのれんを作りたい
  5. ポリエステル素材透け感があるのれんを作りたい

よくある質問記事まとめ

  1. のれんの歴史

    2018.02.19

豆知識&用語一覧