日よけのれん(タペストリー)暖簾とは

その言葉の通り、軒先に掛けて日よけの役割をする暖簾の事です。お店において、特に直射日光から商品を守る為、またアスファルト道路がなかった時代の埃よけとして、また風除けとしても使われていた経緯があるのれんです。

京都のようなウナギの寝床といわれる間口の小さいところではあまり使われず、関東中心で発展してきた文化といえます。
一概に日よけのれんと言っても現在ではタペストリーと呼ばれることも多く、幕の1種とするか、のれんの1種かわかりにくいところです。

山口風月堂 様2020年8月山口市景観賞
日よけ暖簾事例
山口風月堂様
2020年8月山口市景観賞を受賞されました!

日よけのれん事例一覧集はこちら

 


日よけのれんのお見積りについて

日よけんのれんの生地技法の比較について

日除けのれんの生地と技法の詳細について

ご来社予約はこちら

最近の記事

インフォメーション

京都のれん株式会社

〒604-8235
京都府京都市中京区錦堀川町659
京都松田ビル4F南
※ビルの入り口は堀川通り側にございます。[アクセス詳細]

京都のれんインフォメーション
豆知識&用語一覧